出会い系サイトサクラ・業者対策完全マニュアル

531518当サイトは、出会い系サイトのサクラや業者に悩まされているみなさまのためにサクラ・業者対策をお届けしています。

残念ながら現在、多くの出会い系サイトは、サクラ業者ばかりです。

出会い系サイトとしては、サクラを使って男性ユーザからお金を絞りとって、いつまでも女性と出会えないようにするほうが収益を簡単に増やすことができるので、こういう悪徳出会い系サイトはなかなかなくなることがありません。

ただ、そういう出会い系サイトは、どんどん悪評が立ってしまうので、サイトを閉鎖して違う名前で復活するということを繰り返しています。

そのため、ハッピーメール・ワクワクメールなどの長く運営されている老舗の大手出会い系サイトを利用すれば、サイト側が雇ったサクラは絶対にいないのです。

とにかく、ハッピーメール・ワクワクメール に入会しておけば、それで事足ります。悪徳出会い系サイトの「完全無料」にだまされないようにしてください。

さて、一方で他の悪徳サイト業者やデリヘル業者などが素人女性のふりをしている場合は、出会い系サイト側では防ぎようがありません。

これらの業者に関しましては、当サイトで対策を徹底的に論じていきますので、ぜひご覧ください。

女性からもらったメールが冷たい、感じが悪い、興味がなさそうだとしたら、大きなチャンス

女性からもらったメールが冷たい、感じが悪い、興味がなさそうだとしたら、大きなチャンスと考えてください。

なぜなら、まず、その女性はサクラや業者ではないことが確定したということなのです。サクラや業者は、男性をひっかけるのに必死ですから、そんなつまらなそうなメールをおくるはずがありません。

さらに、そういうメールを送る女性というのは、ライバルが少ないんです。

やっぱり、冷たいメールの女性より、感じの良いメールを書いてくる女性のほうがいいですよね。それは、考えることはみんな一緒。だとすれば、その女性は、あまり多くの男性とメールをしていないかもしれませんね。

それに、そういうそっけないメールを送ってくる女性が性格が悪いとは限りません。

わたしの経験上、メールの感じと実際に会った時の女性の雰囲気はまったく別物と考えて良いと思います。

というわけで、冷たいメールを送ってきたらチャンス! なのです。

無料の出会い系サイトは絶対に利用してはいけません!

まず、こちらで紹介している出会い系サイトは、すべて有料となっています。無料の出会い系サイトは一切紹介していません。

「えー、なんでよ。無料で出会えるなら、そっちのほうがいいじゃん!」

と、思うかもしれません。でも、私は絶対に有料サイトしかつかいません。なぜかといえば、無料の出会い系サイトは悪質なインチキばかりで絶対に会えないだからです!

無料と有料、どっちがお好き? と言われたらそりゃ無料ですよね。でも、それは同じ品質のサービスが受けられるならば、という前提のもとです。

100円のコーヒーと、水で薄めまくった無料の不味いコーヒー。どちらを選ぶかと言われたら100円を支払って、まともなコーヒーを飲みたいと思いませんか?

なにしろ無料サイトはほとんど出会えないようにできています。水で薄めたコーヒーどころか、ただの水でしかありません。何度も利用した私が言うのですから、間違いありません。誇張なしで、ただのひとりとも出会えませんでした!

ハッピーメールやワクワクメールなどでは、同じようなメールをして何十人と会っていますので、私自身に問題があるとは考えにくいです。結論としては、やっぱり無料サイトはやるだけ無駄と言わざるを得ません。

さらに、無料の出会い系サイトはさまざまなリスクがあります。登録したメールアドレスに迷惑メールがひっきりなしに届くようになるのは当たり前です。

登録した覚えのないサイトから「スペシャル会員のご登録をしていただき、誠にありがとうございます!5日以内に10万円をお支払ください!」といった詐欺まがいどころか、詐欺まるだしのメールが届いたことも。

その点、有料の出会い系サイトは間違いなく安全です。有料サイトでポイントを買うのと同時に、安全を買うことができるのです。

無料で出会えるわけがない!

そもそもの話として、無料の出会い系サイトなんてのは法律的に存在しないはずなんです。

まず、2008年に出会い系サイト規制法が成立しました。少女売春の温床になっているから、という理由です。

「出会い系サイト規制法」について

「出会い系サイト規制法」(正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といいます。)は、平成15年に制定されました。 その後、出会い系サイトの利用に起因した犯罪が依然として多発していたことにかんがみ、平成20年に、出会い系サイト事業者に対する規制の強化等を図るため、同法の一部が改正され、 平成20年12月1日から施行されています。以下、そのポイントを解説します。

http://www.npa.go.jp/cyber/deai/law/

こうして、未成年者が出会い系を利用できないように、警察による出会い系サイトの管理がはじまりました。いま、出会い系サイトをきちんとした手続きで正規に立ち上げようと思った場合、警察への届け出が必須となっています。

さらに利用者が本当に成人であるかどうかの確認として身分証明書の提出や、もしくは基本的に未成年者が所持することのないクレジットカードの決済をその代わりとして採用しています。

ハッピーメールやワクワクメールはきちんと年齢認証の手続きを終えないと、サイトの利用に相当な制限がかかります。メッセージがあらかじめ用意された定型文しか選べなかったり、利用できるコンテンツもかなり少ないので、まともに出会うことができません。

「身分証の提出とか、カードでの決済とか、面倒だなあ……」

と思うかもしれませんが、これはきちんと法にのっとった安全で安心なサービスだという証でもあります。つまり、国家権力公認の出会い系サイトというわけですね。

しかし、無料の出会い系サイトではそんな仕組みを採用しているところはほとんどありません。身分証明書の提出なんかしなくても、クレジットカード決済なんかしなくても、普通に利用できてしまうんです。

「なんだ、それなら面倒がなくていいじゃん!」

と思うかもしれませんが、これってとても怖くないですか? 明らかに法律を無視していますし、法律を無視しても構わないと思っている人が運営しているサイトで、はたしてまともに出会うことが出来るでしょうか。

事実として、私はまったく出会えませんでした。お金こそかかっていませんが、結構な時間と手間を浪費させられ、あとに残ったのは大量の迷惑メールとワンクリック詐欺の請求メールばかり。まさに骨折り損のくたびれ儲けです。

ここで私が学んだことは、無料の出会い系サイトなんてのは「無料で出会える」という文言に釣られた男たちを集めるだけのサイトだということです。そして集まった男たちに他の有料サイトへ誘導するメールを送ったり、あるいは怪しいリンクを踏ませてワンクリック詐欺をしたりしているのです。

「無料で出会えるなんて思ってる馬鹿な男たちを集めるだけ集めて、そこから罠にハメて金をむしり取ってやるわwww」

という笑い声が聞こえてくるかのようです。このように、無料の出会い系サイトなんてのは「馬鹿な男たちのメールアドレスを集めるサイト」でしかありません。

それ以前に、まともな一般女性が無料の出会い系に登録するメリットがまったくないのですから、出会いの場として成立するはずがないのです。

無料の出会い系には一般女性がひとりも存在しません

あなたが女性だとして「たとえお金を払ってでも真面目に出会いを探している男性しかいない有料出会い系」と「無料で会えるならそっちのほうがいいじゃんという適当な男性しかいない無料出会い系」のどちらを利用したいと思いますか?

女性ならどっちも無料で利用できるのですから、それなら前者しか選ばないと思うんです。なんでわざわざケチで馬鹿な男ばかりが集まる無料出会い系に、ノコノコと出向かなければならないのでしょうか。

ハッピーメールやワクワクメールなどは、繁華街で大きな広告看板を設置したり、宣伝トラックを走らせたりしています。それだけでなく、女性が読むような週刊誌やファッション誌に広告を掲載しています。つまり、きちんと一般女性の目につくところにお金をかけて広告を出しています。

しかし、無料の出会い系は男性が見るようなところにしか宣伝していないんです。例えばエッチな動画がみれるサイトだったり、エロ本の最後のほうに広告を載せていたりと、女性ならまず見ないようなところにしか広告がありません。

すると、どうなるでしょう? 一般女性がそのサイトを知るきっかけがまったくないのです。まさにゼロなのです。

こんなことで一般女性と会えるわけがないんですよね。きちんと宣伝をしているハッピーメールやワクワクメールとは雲泥の差といいますか、比べるのも失礼な話です。

このように、無料の出会い系が出会えない理由はきちんとありますし、逆になぜ有料なのかもちゃんとした法的な根拠があることがおわかりいただけたかと思います。

それに、有料といえど初回登録であれば数千円相当の無料ポイントがもらえますし、1000円も支払えば20通分のメールが送れるわけですから、決して高いとは思えません。

昔の出会い系では送信に500円、メールを開封するだけで200円とかかかったそうですから、それを思えば涙がでるほど良心的といえますね。

みなさんも無料の出会い系だけは利用してはいけません!時間の無駄ですし、個人情報漏洩のリスクもあります!必ずハッピーメールやワクワクメールなどの、きちんとした警察公認の出会い系サイトを利用してください。

過去にサクラの仕事をしていた人物が語る、その驚きの実態とは

5426862

サクラの仕事といえば、なんだか楽そうなイメージですよね。空調が効いた部屋でたまにカタカタとキーボードを叩いて、あとはぼーっとYoutubeを見ているだけでお金がもらえる。そんな風に思われていることでしょう。

そんな「楽な仕事」なイメージも相まって、サクラはとても憎く感じるものです。「俺が断腸の思いで課金したポイントを、そんな片手間の仕事で吸い取りやがって!目の前にいたらぶっ飛ばしてやるからな!」と、意気込んでいた頃もありました。

しかし、元サクラの仕事をしていた人物のインタビューをみると、そう簡単な仕事でもないようなのです。

オススメしない? 出会い系サクラ、仕事内容の実状とは

インタビューに応じてくれたのは、出会い系サクラのバイトをやっていたという30代男性・朝倉佐倉(仮名)さん。会ってみて驚いたのは、意外なほどに朝倉さんが好青年であること。アングラバイト的なサクラのイメージとはとても結びつかない穏やかな口調で、当時のエピソードを語ってくれた。

──どんな人がやってるんですか?
朝倉さん「びっくりするくらい普通の人ばっかりですね。年齢層は若く、10代~20代中ごろが中心です。私がやっていた当時は、上司に芸大の学生がいました」

──やっぱり給料はいいんでしょうか?
朝倉さん「時給1000円~1200円くらいが相場だと思います。体力は使わないんですが、何人もの人間を相手に嘘をつき続ける精神的なキツさに見合っていない気がします」

──なるほど。特にキツかったことはなんですか?
朝倉さん「いっぱいあります(笑) 例えば新人研修の時、教える側は当然私が作ったメールを見てチェックするわけです。私の場合、研修についてくれた人は年下の女性で、自分が女になった気持ちで精いっぱい考えた男の気を引くメールを見られるのが嫌でした。また、1時間に最低何通送らないといけないというノルマもキツかったです。

やり取りの中で一番良い形というのが、ジラしてジラして相手のポイントが無くなるタイミングで会う日時を決めて当日にスッポかすパターンなんですが、GoogleMAPなどで地域情報を調べながら嘘のストーリーをでっちあげなくてはいけません。それが同時進行で複数人……嘘をつくことに疲れます。しかも、メールログをチェックされているので」

http://news.livedoor.com/article/detail/11316165/

うーん、なんとも生々しいインタビューです。わざわざウソをでっち上げる必要性も感じませんし、本当にサクラの仕事をしていた人の体験談なのでしょう。

特に「ジラしてジラして相手のポイントが無くなるタイミングで会う日時を決めて当日にスッポかすパターン」というのは、非常に心当たりがあります(笑)

当日になって「急にこわくなった」「目の前でおばあちゃんが交通事故にあった」「子供がインフルエンザにかかった」といったドタキャンやすっぽかしをされたのは今でもよく覚えています。

さすがに何度も続くとおかしいと思いますし、多くの人はそのうち気づきますが、すでにいくらかのお金を回収しているのですから気づかれても構わないのでしょう。このあたりの手口は「やっぱりな」といった印象でした。

サクラの仕事は意外とヘビーだった?

しかし、想像と違っていた部分もいくつかありました。私はてっきり、サクラの仕事なんて適当にやっているものだと思っていましたが、時間あたりのノルマがあったり研修やチェック体制が整っていたりと、まるでふつうの仕事のようになっているのです。

サクラの職場といったら「アホそうな若いガキ共が、ワーキャー騒ぎながら遊び半分にメールをしている……」なんてイメージだったのですが、実態は一般的なオフィスのように黙々と作業をこなしているというんですから、意外でした。

たしかに送りたくもないメールを作成し、つきたくもないウソをつき、調べたくもない地域情報を調べて騙す……。そんなことを毎日つづけていたら、ふつうの人間であればウンザリしてしまうことでしょう。キツくて疲れるというのも納得です。

それでもサクラを続けるのは、時給が高めだったり、勤務時間や服装・髪型の自由がきくことにあるのでしょうね。仮に時給が800円で、時間や服装・髪型もきっちり決まっていたとしたら、誰もやりたがらない仕事なのかもしれません。

サクラをねぎらってあげることで、中の人と出会える可能性も?

そんなツラい仕事をイヤイヤしているサクラの「中の人」は10代~20代の女性がほとんどだと言われています。男性もいるようですが、やはり女性特有のニュアンスやリアリティさを強調するためには女性であるほうが断然有利ですからね。

そして、わざわざサクラの仕事をしているくらいなのですから、服装や髪型にこだわりのある女性なのでしょう。芸大や服飾系の学生だったり、演劇や音楽をやっている女性も多いそうです。

そういったジャンルの女性たちは、一般的な女性に比べてカワイイ女の子である確率が非常に高いです。それこそ、陰気で髪がボサボサのブスなんかは面接すら通らないことでしょう。それなりにかわいくてモテた経験があるからこそ、サクラとして男を手玉に取る事ができるのです。

なんということでしょう。出会い系の中で探し回っていた「若くてカワイイ女の子」は意外なところにいたのです。そう、それはあなたを騙しているサクラ本人です!それなら話は早いですよね。そのサクラと会ってしまえばいいんです。

いかにもサクラだなーこいつ、と感じたメールがあったのなら、暴言を吐いたり無視したりするのではなく、最後にこうメールしてみましょう。

「サクラの仕事、おつかれさま。時間のノルマがあったり、つきたくもないウソをつかなきゃいけなかったりして大変だよね。君も本心ではこんなことしたくないって感じているんだと思う。きっとストレスだよね。それなら、今度一緒に飲んでみない?いま僕が語りかけているのは、◯◯さんという君が作り上げた架空のキャラクターではなくて、これを読んでいる君なんだ。君の事情はわかっているつもりだよ。僕のLINEのIDは****で、メールアドレスは****だよ。よろしくね」

と、いったメールを送ってみるのもおもしろいかもしれません。サイト内でやり取りしているメールはすべてチェックされているようですが、個人が所有するLINEやメールのやり取りまでは管轄外でしょう。そこで「中の人」とやり取りを開始できたら、これほど痛快でおもしろいことはないと思いませんか!?

安全な出会い系サイトの探し方

ここでは出会い系サイトを利用するときに知っておきたい、安全な出会い系サイトの探し方について紹介していきます。

悪質な業者に引っかかって高額請求されないように、ぜひチェックしておいてくださいね!

ネットの検索順位は安全が保障されていない!?

例えば、皆さんが出会い系サイトを利用したいと思った時、「出会い系サイト」と検索するケースもあるのではないでしょうか。

すると、いくつかの出会い系サイトなどが表示されます。

とある日に検索した時、下記のようになっていました。

第1位:出会い系サイトの歩き方
第2位:完全無料の不倫サイト
第3位:ニューハーフ向けの出会い系サイト

日々検索結果は性能が向上し、順位も変動しています。

この順位を見て何となく予想がつくかもしれませんが、必ずしも安全なサイトが上位に表示されているわけではないんですよ。

ネットの検索結果は安全なサイトが順番に表示されるのではなく、SEO対策を行っているサイトが順番に表示されます。

SEOとは、特定のキーワードに対してどれだけの情報量が詰まったサイトかということです。

これはサイトの運営実績やサイトのページ数、他サイトから送られる被リンクなど様々な要因によって決まります。

例えば悪質な出会い系サイトとして評判になったサイトは、ニュースや雑誌に取り上げられて、各ニュースサイトなどからも被リンクが送られます。その結果、検索順位が上がる可能性があります。

ネットの検索順位=安全なランキングではない」ということを理解しておきましょう。

安全な出会い系サイトの探し方

少し検索の仕方を工夫して、「出会い系サイト 安全」などのキーワードで検索する人もいます。

しかし、これだけでも安全とは言えません。なぜなら、サイトを作っている人が全てが健全な気持ちでサイトを運営しているわけではないからです。

例えば「出会い系サイト 安全」というキーワードで、検索第1位になるようにサイトを作っている人かいるとします。(というか、絶対にいます)

1位になる目的は、特定の広告収入を得るためです。

1位になれば当然、サイト閲覧数も増えます。

そこでは広告収入が高い出会い系サイトを紹介しているケースが多いので、安全なものを紹介しているとは限りません。サイト運営者は安全なものを紹介しようというより、広告収入を得ようと考えている人がほとんどです。

つまり「出会い系サイト 安全」で検索した場合、安全なように見せかけて広告収入を目当てとした出会い系サイトがヒットしてしまう可能性も高いのです。

こうなるともう、蟻地獄のように何が正しくて、何が安全な情報なのかよくわかりませんね。

安全を確かめるには、3つのポイント

もはや検索では、どのようにキーワードを入力すれば安全なサイトが見つかるかわかりません。

それならば出会い系サイトを見つけた時に、下記3つのポイントをチェックしてみてください。

  1. サイト名
  2. 運営会社
  3. 運営実績

この3つを分析すれば、大体が安全かどうか判明します。サイト名は、健全なサイトなら運営当初から変わっていないはずです。

有名なところだとハッピーメール、ワクワクメール、PCMAXなど。

逆に悪質なサイトはすぐにサイト名を変え、捜査の目が入らないようにしています。サイトそのもの自体を閉鎖して、新たなサイトを立ち上げる悪質な業者も存在します。

運営会社を調査すれば、本当に実在する会社なのか調べることができます。

調査するときは、その住所が書かれた地域の法務局に問い合わせること。例えば東京なら下記の東京法務局に情報提供を請求することができます。

http://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/static/netriyou.html

これならパソコン上でも登記事項を確認することができます。

そして最後に、そのサイトがいつから運営されているのか調査してみましょう。調べ方は、調査したいサイトアドレスをコピーして、下記のサイトでIPアドレスを検索する方法です。

http://www.cman.jp/network/support/ip.html

検索すると、いつからそのサイトが利用されているのかわかります。一般的にサイト名をURLの一部にしているケースが多いですから、途中からアドレスが変わるということはめったにないでしょう。

これを調べれば、実際に何年から運営が開始されていたのか、おおよその想定がつくはずです。安全性を確かめる上で重要なことです。

まとめ 安全なサイトとは

自分で検索して、安全なサイトを見つける作業は素人には難しいものです。それだったら、長年の運営実績あるサイトを直接検索した方が身のためでしょう。

PCMAX、ハッピーメール、ワクワクメールはそういったすべての不安要素を取り除く安全なサイトです。

自分だけのオリジナルの方法で出会い系サイトを探そうなどと考えず、知名度があり、安全性が約束されているサイトを使った方が被害に合わずに済むでしょう。

悪質サイトを「住所」から見分ける

出会い系サイトの安全性を分析するときは、いくつかのポイントがありますが、その内の一つが住所です。

具体的にどういった分析をすればよいか解説していきましょう!

会社や住所がコピーできない仕様になっている

会社名、住所をコピーできないような仕様になっている出会い系サイトは要注意です。

右クリック不可にしたり、コピーができないようなプログラムが使われていることがあります。あるいは画像にして、文字としての認識をさせないように、あえてしているところもあります。

なぜこのようなことをするのか。

本来ならサイトの知名度を上げたり、口コミを広げていくためには簡単にコピーできるようにしたほうが利便性が良いはずです。

文章として残した方が検索エンジンも読み込みますから、あえてそのような加工はしないほうがいいはずです。それにも関わらずできるだけ公開したくないという意図があるのは、「検索してほしくないから」。

ちょっとこの会社怪しいなと思った時、会社名や住所をコピーして検索する人もいるでしょう。

そういったことをできるだけ防ぎたいという意図があります。

また調査をしにくくするため、あえてサイト名や住所を覚えにくくするといった悪質な手口も存在します。

住所が実在するか確認する

検索した時に実在する住所が出てこないことがあります。会社はおろか、ビル自体も実在しないということもよくあります。

出会い系サイトは事業所名や所在地を必ず明記する義務がありますが、それをあやふやにしたり、いい加減に書いてあるサイトも多いのが事実です。出会い系サイトのうち、半分ぐらいはこういった記載がないものが目立ちます。

そして最近、横行しているのが登記だけ借りて実在しない空間を維持していること。

バーチャルオフィスと呼ばれ、登記上は住所が書かれていますが、実際にはそこに存在しないということがあります。

あるいは、もし誰かが来るときだけ、場所を借りて使用できるような状態にしています。「常に仕事場として使っていないのに住所だけ貸りている」というケースです。

こういったものは月額3000円前後で利用できてしまうため、悪質な出会い系サイトの運営者が利用しやすい方法になっています。

しかも、1年契約などと決まっているわけではないので、1ヶ月ごとに場所を変えるなど悪質な手口で住所の特定を逃れているケースがあります。

過去の事例を見てみよう!

上記紹介したような悪質な手口を行った会社があります。

それは株式会社レインボー。

数多くの出会い系サイトが運営されていますが、架空請求やクリック詐欺、高額請求など、多種多様な悪質行為がすでに判明しています。

まず会社の住所を検索してみましょう。

「東京都新宿区西新宿7-4-7イマス浜田ビル5階」

検索すると、新宿のシェアハウスが表示されるはずです。月額費2980円、初期費用2万円と記載されています。登記はわずか月額2000円です。

簡単に言えば、住所を貸りている状態。しっかりとした会社なら、バーチャルオフィスを借りる必要はありませんし、月額でこれだけの安いところに借りるケースはまずないでしょう。

こういったオフィスを借りるのは、何かの説明会やセミナーなどで一時的に借りる人だけです。一企業が常用するために借りるような施設ではありません。

部屋を借りる時は予約制ですから、滞在して仕事を毎日行うような施設ではないですから、明らかに本当の運営している場所をつきとめられたくないという意図が感じられます。

そしてこのレインボーという会社は、出会い系サイトを運営上する時に必要な「インターネット異性紹介事業登録」と「第2種電気通信事業者届」がされていません。

いわば勝手に出会い系サイトを運営している状態。法改正に伴い、出会い系サイトを行うときは警視庁への届出が済んでからでないと、運営できません。

他にもサイトアドレスを変更したり、サイト名を変えたりなど日常茶飯事です。例えば、「イイコイ」というサイトから、「恋ナビ24h」というサイトにリンクが繋がっています。

サイト名もアドレスも全く違うサイトです。

おそらくイイコイというサイトは、悪質な手口が広まってサイト名も知れ渡ってしまったため、サイト名やアドレスが違うサイトに飛ばしているのでしょう。

こういった不審点が多いことからも、悪質な業者ということがわかります。

悪質サイトを「住所」から見分ける方法まとめ

以上、住所でわかる悪質な出会い系サイトの見極め方を紹介しました。健全なサイトなら運営会社も堂々としていますし、住所もあらゆるところに掲載されているはずです。

住所がコピーできず、バーチャルオフィスを利用しているような悪質な出会い系サイトは絶対に利用しないようにしましょう。

出会い系サイトで引っかかってしまう人は、こういった調査を行わない人が多いです。自分の身を守るためには安全確認を自ら行うことも大切です。

出会い系で「安く+出会える」最強のテクニック

221297「出会い系サイトは、どうせ会えない」
「どうせサクラばかりでしょう?」

なんて、過去にトラウマを抱えている男性も少なくないはず。

実は、今でも出会い系サイトで女性とヤルことは可能!

しかも、それが簡単なテクニックを駆使するだけで良いとしたら……?

たったひとつの情報を知るだけで、出会えるなら覚えておいて損はありませんよ!

出会い系サイトで出会うのは大変?

かつては年齢認証もなく、まさにやり放題だったのも今は昔。あれだけ流行ったスタビも2009年には閉鎖しました。

規制も厳しくなり、今ではサクラもネット情報で丸わかり。だからこそ、すっかり出会い系=オワコンと思っているのでは?

実は、今でも出会い系サイトで出会うのは可能です。

ただし、昔とは確かにやり方は変わっています……。

ネックなのは…やっぱり課金?

特に、出会い系関連の規制でもっとも大きな影響を与えたのが身分証などによる18才以上の年齢確認。

電話での折り返しや身分証の送付など運営のシステム導入や作業量の増加によりコストも増え、結果的に、オール無料の出会い系サイトも減少しました。

そこで我々利用者にとっては、やはり課金が気になるところ。

もし「今の出会い系サイトは出会えない」としたらやはり課金して終わり……というイメージです。

だからこそ「出会える」だけでなく「安く」という2つのポイントから「安く+出会える」最強のテクニックをご紹介しましょう。

安く出会える

その、たったひとつの簡単なテクニックとは、ずばり!

「複数の大手出会い系サイトに登録する」というやり方。

1社に絞るのではなく、3つほど有名な出会い系サイトに登録して、それぞれを利用するのです。

あまりにも簡単な話「それだけで、本当に?」と思うかもしれませんが実は、きちんとした理由もあります。

大手はサクラが少ない&利用者が多い

ビルディングの巨大看板やラッピングカー。

ネット媒体だけでなく、雑誌などの紙媒体にもバンバン広告を打つ大手出会いサイト。

それだけ売り上げが出ているという判断もできますが、女性の利用者も多い事実。広告費をかけている大手出会い系サイトこそ、素人女性の登録者も多く、必然的に優良サイトになっています。

複数社の登録で無料サービスをフル活用

大手出会い系サイトも、ある程度無料で利用できさらに活用するなら課金制というのが一般的。

ですが、だいたい初回登録時やキャンペーン、イベントなどで無料ポイントを手に入れることができます。

必ずそのポイント内で女性を落とせるとは限りませんが、1社よりも2社、2社よりも3社と数を増やせばそれだけ使える無料ポイントも増えるため、お得と言えるでしょう。

ただし、聞いたこともないようなマニアックなサイトの場合。無料ポイントが一切ないのもザラなので、あくまでも有名な大手出会い系サイトを複数利用するのがおすすめです。

自分の魅力を引き出しやすい

実は、どの出会い系サイトもメールやチャット、ブログができてダイレクトに2人だけのやり取りをしたり……とサービス内容は横並び。

「どの出会い系も一緒だろう」というイメージをもつ人も多いでしょう。

とは言え実は、出会い系サイトによっても登録している男性や女性のカラーやキャラクター、ノリが違う場合も。

同じプロフィールややり取りでも「片方ではまったくウケなかったのに、別のサイトでは何人も出会えた!」なんて話も珍しくはありません。

複数の出会い系サイトに登録することで、わずかな違いの特徴を掴め、より自分を良くアプローチできるサイトを選べるのです。

1つのサイトでうまくいかず、頭をかかえるよりよっぽど効率よく出会える可能性がありますね。

このテクニックの注意点

このテクニックをより活用するなら「5社でも10社でも、増やせるだけ増やせれば良いのでは?」と思いがち。

ですが、残念ながら”数打ちゃ当たる”方式はおすすめできません。

現状、大手出会い系サイトはそこまで数が多くなくあれもこれもとしているうちに、危険な悪質サイトを登録する恐れも。

また、いずれも出会い系サイトのプロフ設定ややり取りなど数が増えすぎると手薄になり結果、女性の扱いも雑になれば出会えるものも出会えなくなってしまいます。

3社ほどに絞ってアプローチしていくのが良いでしょう。

出会い系サイト=なんでも良いは大間違い?!

今では数えきれないほどたくさんの出会い系サイトがあります。ですが「なんでも良い」と手あたり次第登録するのはNG行為。

実際のところ、女性の利用者が減少していないもののより信頼性の高い有名サイトに流れているため、二極化しているのが現状。

そのため、利用者の少ない出会い系サイトを使っても出会えない可能性に比べて、サクラに騙される恐れも出てきます。

ぜひ、大手の優良出会い系サイトにフォーカスを当てて効率よく女性にアプローチしていきましょう。

特に、無料ポイントや無料サービスを上手に活用すれば思っている以上に安く女性と出会うことも可能です。

賢くお得に出会い系サイトを使いこなしていくのが、おすすめです。

かわいすぎる写真はまずサクラを疑いましょう!

fw077サクラのお仕事とは多くのメールを受信することです。では、その多くのメールを受信するためにもっとも効果的かつ手っ取り早いことはなにか?といえば、かわいい女の子の写真をつかう、ということです。

男の悲しい性として、かわいい女の子の写真をみたら半信半疑とはいえ「でも、もし本当だったらどうしよう……?超もったいなくない?」と後ろ髪を引かれてしまうもの。

理屈で言えば、99%が嘘なんですよ。「そんなかわいい女の子なら出会いに困るわけがないんだから、そもそも出会い系にくるわけないだろいい加減にしろ!」という理路整然とした正論だって、かわいい女の子の笑顔の前では吹き飛んでしまうものです。

「でも、1%はあるんでしょ……!その1%だったらどうするの!?」

という思いから、ついついメールをしてしまうわけなのですが、それがまさにサクラの思うツボというわけです。

しかし、そんなサクラの無慈悲なトラップをいとも簡単にかいくぐるテクニックがあるのをご存知でしたか?これを使えば、サクラであることがハッキリ見分けられるだけではなく、写メが本人のものかどうかということもわかるのです!

Googleの画像検索は神のサービス!

それは、Googleの画像検索サービスの一部である「画像を使用して検索する」システムを利用するというものです。画像検索というのは使っている人も多いかもしれませんが、キーワードに関連する画像だけを一覧で並べてくれる便利なシステムのことです。

画像を使用して検索する – ウェブ検索 ヘルプ

たとえば、「ネコ」と入力して画像検索をすれば、それはもう画面いっぱいにかわいいネコの写真が表示されてとても幸せな気持ちになれます。同じように「オマンコ」なんていれて画像検索をした日には画面いっぱいにオマンコが……表示されるのですが、正直いうとあまり気分のいいものではありません(笑)

この辺りは一般の人でもよく使っていると思いますが、画像検索にはもうひとつの機能があります。それは、特定の画像が載せられているウェブサイトを検索してくれる、というシステムです。

どういうことかというと、”すごくイイ形をしたおっぱいの画像”があったとしますよね。「これは素晴らしい!みんなにも見せてあげたい!」ということで、画像投稿掲示板にアップロードされたり、それが2ちゃんねるのまとめに載ったりして、どんどんと画像が拡散していくわけです。

最初は1枚しかなかったその”すごくイイ形をしたおっぱいの画像”も、転載に転載を重ねることで何十、何百というサイトに同じ画像が載っているということになるわけです。

つまり、簡単にネットでダウンロードできる画像であれば、検索結果に同じ画像が出てきますし、プライベートな自撮り写真ということであれば、広くネットに拡散することはまずありませんので、同じ画像は1枚もでてきません。

サクラの多くは女性のキャラクターをつくり上げる時、その辺からひろってきたかわいい女の子の画像を勝手に利用しています。なので、サクラが使っている女の子の自撮り画像を画像検索すれば、ずらっとその女の子が載っているサイトやブログが出てくるため、一発で拾い物の画像であるということがわかるわけですね。

そうであれば、そのかわいい画像の女の子と、今やり取りをしている女性?は別人であるということが確定します。こうしてサクラかどうかということが見極められるというわけです。

たまーにですが、素人の一般女性でありながらかわいい女の子の写メを使っているという女の子もいます。キャッシュバックが目的ということもありますが、かわいい女の子の画像を使ってチヤホヤされたかった……という悲しみに包まれたブスである可能性も。どのみち、別人であることに変わりはありませんので、罵詈雑言をぶつけるなり無視リストにいれるなりお好きに処理しましょう。

そもそもサクラとはなにか?

辞書によれば、サクラとは以下の意味。

【サクラ】露店などで、客の買い気をそそるため、客のふりをして買い物する仲間。「ただで見る」の意から芝居の無料見物人の意となり、そこから生じたという。

出会い系サイトで言うところのサクラとは、要するに純粋な会員ではなく出会い系サイト運営会社が用意したアルバイトのこと。メールレディとかメルレ、チャットレディなんていう名前で呼ばれているようですね。

お金を払ってサクラ(メルレ・メールレディ)とメールして楽しいですか?

サクラは結局、詐欺のようなもの

男性は素人女性会員とメール交換をしたりお近づきになりたいから、お金を払って入会するわけなのに、メールしている相手は出会い系サイトの運営会社が用意したアルバイトで、下手すりゃ男性(ネカマ)。「サクラでもメルレでも何でもいいから、とにかく女性とメールしたいんだ!」と割り切って遊んでいる人や、女性のサクラと付き合っちゃってる人もいるみたいですが、これは稀です。

普通の女性とメール交換したい&出会いたいと思って出会いサイトに登録している人にとっては、サクラを使っているっていうこと自体、詐欺のようなものですよね。

メールレディで検索してみると

試しにメールレディで検索してみてください。

報酬額については、その出会いサイトや業者ごとに異なりますが、男性から受信したメールに対して返信すると、1通につきいくらかの報酬が発生する仕組みになっています。ですから、サクラ(メルレ・メールレディ)を使っているような出会いサイトに登録すれば、返信率は良いはずです。

そりゃそうですよね。とにかく来たメールに返信さえすれば、報酬が発生するわけですから。

仲良くなってリアルで会ってオイシイ思いしよう!などと妄想してみても、実現することはありません。サクラ(メルレ・メールレディ)は男性会員と個人的に会ったりすることは禁じられていますから、まず無理。前述のようにサクラと割り切ってメールを楽しむのならいいのですが、本当に出会いを探している人にとっては、お金を費やしてサクラにお小遣いを稼がせてあげているだけで、自分には何のメリットもないのです。

不正請求や高額請求に繋がることも

ポイント制と呼ばれる料金システムも、不当な請求を生み出したりと結構問題になっています。

サクラの巣窟となっている出会い系サイトのほとんどは、この「ポイント制」と呼ばれる支払方法を導入しています。ポイント制のサイトは、掲示板を読む、書き込む、メールを送る、受信する …などの様々なアクションに対して課金される仕組みで、会員登録時に数千円単位でポイントを購入する前払い制、あるいは使った分だけを後で清算する後払い制のどちらかとなっています。前払い制ならポイントを使い切ってしまった時点で終了だけど、後払い清算の場合、気がつかないうちにどんどんポイントが消化されていきます。

酷いケースになると、利用者に通達がないまま利用料金(利用ポイント数)が値上げされていたりして、不当請求や高額請求につながっていることも少なくありません。

「有料サイト=サクラを使っている」は間違い

有料の出会い系サイトすべてがサクラを使っているわけではありません。結婚を前提とした恋人探しを目的とした真剣交際系出会いサイトなど、有料でも健全な運営をしているサイトはありますから、「有料サイト=サクラ(メルレ・メールレディ)を雇っている」と捉えるのは間違いです。

悪徳出会い系サイトの利用規約の落とし穴

514721出会い系サイトに限らず、何かに登録する際には利用規約に同意する必要があります。

利用規約には当たり前のことしか書かれていませんから、ほとんどの人がナナメ読みかサラッと目を通すか通さないか程度で「同意」ボタンを押してしまうことでしょう。大概は、これで問題はありません。

悪質な出会い系サイトでは、利用規約に大きな落とし穴があったりします。これは、不当な請求に対して利用者の反論があった場合「利用規約に書いてありますよ?同意して登録されたんですよね」という逃げ場を作るためのものでもあります。悪質な出会い系サイト業者の言い分や、システム上の問題はさておき、利用規約をしっかり読まなかった利用者に落ち度がまったくない!とは言い切れません。

以下、悪質な出会いサイトの利用規約に掲載されている代表的な手口を記載します。

登録時に200ポイント減算

「今なら無料ポイント進呈」と記載されているので入会してみると、登録と同時にポイントが減算され、結局は料金が発生するという規約。よくあるのが「100ポイント無料進呈→登録と同時に200ポイント減算→1セット300ポイントのセット制」。無料ポイント進呈どころか、登録と同時に300ポイント分の料金が発生するというわけです。

グループサイトに同時登録

利用規約に同意することで、その出会い系サイトのグループ会社が運営するすべてのサイトの会員規約に同意&登録されてしまう悪質な規約です。利用者側はひとつの出会い系サイトに登録したつもりでも、複数の有料出会い系サイトから利用した覚えがない高額な請求が届くようになります。

仮登録が自動的に本登録へ

仮登録のまま6時間が経過すると登録が取り消しになるのではなく、自動的に本登録扱いとなってしまう悪質な利用規約です。

事務手数料が50,000円

例えば、「期日までに入金が確認できない場合は50,000円の事務手数料を請求する」という悪質な利用規約。そもそも、延滞料金の上限は、消費者契約法第9条第2号で年利14.6%と規定されていますので、例えば9,000円の利用料が発生していたなら1年間延滞したとしても1,314円の延滞料となり、利用料とあわせて10,314円となります。50,000円などという法外な事務手数料を支払う必要はありません。

無料出会い系の99%はサクラです

597958世の中の出会い系の99%はサクラを使った詐欺業者です。

目的は様々ですが、主な目的は顧客登録の際に記入するアドレスの入手です。要するにアドレスをひたすら集めるための手段なのです。

アドレスを搾取した後はそれを別の業者に売って利益にするのです。 個人のアドレスは数千数万単位で集めることができれば業者に買い取ってもらえます。

業者はそのアドレスに一斉送信で広告を飛ばすわけです。 その一斉送信した広告の中から1割程度でも反応して広告効果が期待できれば充分黒字に持っていけるといわれています。

無料出会い系に登録すると永遠と女性からと思われるメールが届き続けると思います。アドレスはもう搾取されたのになぜ?と思うでしょう。

同じアドレスでも完全に放置されてるアドレスでは広告を飛ばす意味が無いのです。こまめにサクラメールを送り続けて反応があるか確かめているのです。

反応があるアドレスはつまり、生きているアドレスという事になります。搾取した数万のアドレスの中でも、この生きているアドレスが価値のあるアドレスという事になります。

完全に反応のないアドレスでもサクラメールを送り続ければいつかは反応するかもしれない。

そのために出会い系の詐欺業者は日々サクラメールを送り続けるのです。

サクラのシステムは、数撃ちゃ当たるそのもの

大変な作業と思われるかもしれないですが、数十万件のアドレスに一括送信しているために人員は驚くほど少ないです。

数十万件の顧客に対してサクラメールを送るスタッフは10人程度で十分です。

誰でもできるようなアルバイトとしてサクラスタッフを雇って運営しています。

無料出会い系に登録してもその時のアドレスを搾取されて悪用されるだけだし、素敵な出会いは99%あり得ません。

PCのアドレスならともかく携帯電話のアドレスだと、変更するのはいろいろと大変なのでとても困ると思います。

こういった出会い系詐欺業者からアドレスを買い付ける業者の中には架空請求を生業とする業者も多く存在します。

インターネットの知識が乏しい人にとっては思わず信じてしまうような内容で金銭の振り込みを請求してきますが、100%詐欺ですので相手にしてはいけません。

一度こういった詐欺業者に登録してしまうと、半永久的に不審なメールが届き続けますが、無視しつづければ何の害も無いことは覚えておきましょう