出会い系サイトサクラ・業者対策完全マニュアル

img_manual当サイトは、出会い系サイトのサクラや業者に悩まされているみなさまのためにサクラ・業者対策をお届けしています。

残念ながら現在、多くの出会い系サイトは、サクラ業者ばかりです。

出会い系サイトとしては、サクラを使って男性ユーザからお金を絞りとって、いつまでも女性と出会えないほうが収益をかんたんに増やすことができるので、こういう悪徳出会い系サイトはなかなかなくなることがありません。

ただ、そういう出会い系サイトは、どんどん悪評が立ってしまうので、サイトを閉鎖して違う名前で復活するということを繰り返しています。

そのため、ハッピーメール・ワクワクメールなどの長く運営されている老舗の大手出会い系サイトを利用すれば、サイト側が雇ったサクラはぜったいにいないのです。

とにかく、ハッピーメール・ワクワクメール に入会しておけば、それでことたります。悪徳出会い系サイトの「完全無料」にだまされないようにしてください。

さて、いっぽうで他の悪徳サイト業者やデリヘル業者などが素人女性のふりをしている場合は、出会い系サイト側では防ぎようがありません。

これら業者に関しましては、当サイトで対策を徹底的に論じていきますので、ぜひごらんください。

無料の出会い系サイトは絶対にインチキ!そう断言できる根拠とは

blg79

まず、こちらで紹介している出会い系サイトは、すべて有料となっています。無料か有料か、どっちがいいかと言われたらそれはもちろん無料ですよね。私だって無料が大好きです!でも出会い系は絶対に有料サイトしかつかいません。なぜかといえば、無料の出会い系サイトはインチキで悪質なサイトばかりだからです!

無料か有料かどっちがいい?といわれてもそれはサービスの質が同じであった場合は無料のほうがいい、という話であってサービスの質がまったく違うのですから比較対象にすらなりません。なにしろ無料サイトはほとんど出会えないようにできています。何度も利用した私が言うのですから、間違いありません。誇張なしで、ただのひとりとも出会えませんでした!ハピメやワクワクなどでは、同じようなメールをして何十人と会っていますので、私自身に問題があるとはちょっと考えにくいです。なので結論としては、やっぱり無料サイトはやるだけ無駄という結論です。

有料サイトは間違いなく安全です。有料サイトでお金を使ってポイントを買うのではありません。安全を買うのです。

無料で出会えるわけがない!

そもそもの話として、無料の出会い系サイトなんてのは法律的には存在しないはずなんです。まず、2008年に出会い系サイト規制法というものが成立しました。理由としては少女売春の温床になっているから、という名目です。そのために未成年者が出会い系を利用できないようにするため、警察による管理がはじまりました。いま、出会い系サイトをきちんとした手続きで正規に立ち上げようと思った場合、警察への届け出が必須となっています。

さらに利用者がほんとうに成人しているかどうかの確認として身分証明書の提出や、あるいは基本的に未成年者が所持することのないクレジットカードの決済をその代わりとして採用しています。ハピメやワクワクなんかはきちんとその手続きを終えないと、サイトの利用にだいぶ制限がかかりますからね。面倒ではありますが、きちんと法にのっとった安全で安心なサービスだという証でもあります。つまり、国家権力公認の出会い系サイトというわけですね。

しかし、無料の出会い系サイトではそんな仕組みを採用しているところはほとんどありません。身分証明書の提出なんかしなくても、クレジットカード決済なんかしなくても、普通に利用できてしまうんです。それなら面倒がなくていいじゃん!と思うかもしれませんが、これって怖くないですか?明らかに法律を無視していますし、法律を無視しても構わないと思っている人が運営しているサイトで、まともに出会えると思いますか?

事実として私はまったく出会えませんでした。お金こそかかっていませんが、結構な時間と手間を浪費させられ、あとに残ったのは大量の迷惑メールとワンクリック詐欺まがいの請求メールばかり。まさに骨折り損のくたびれ儲けです。

無料の出会い系サイトなんてのは、ただ「無料で出会える」という文言に釣られた男たちを集めるだけのサイトなんです。そして集まった男たちに他の有料サイトへ誘導するメールを送ったり、あるいは怪しいリンクを踏ませてワンクリック詐欺のようなことをしたり、今では振込め詐欺の被害に合う人もいるそうです。

無料で出会えるなんて思ってる馬鹿な男たちを集めるだけ集めて、そこから金をむしり取ってやるわwwwという笑い声が聞こえてくるかのようです。無料の出会い系サイトなんてのは、馬鹿な男たちのメールアドレスを集めるサイト、でしかありません。というよりも、まともな一般女性が無料の出会い系に登録するメリットがまったくありません。

無料の出会い系には一般女性がひとりも存在しません

あなたが女性だとして、たとえお金を払ってでも出会いを探している男性しかいない有料出会い系と、無料で会えるならそっちのほうがいいじゃんという適当な男性しかいない無料出会い系。女性ならどっちも無料で利用できるのですから、それなら前者しか選ばないと思うんです。

ハッピーメールやワクワクメールなどは、女性誌への広告だったり繁華街での広告看板だったり宣伝トラックを走らせたりと、きちんと一般女性が目につくところにお金をかけて広告を出しています。しかし、無料の出会い系は男性がみるようなところにしか宣伝されていないんです。たとえばエッチな動画がみれるサイトだったり、エロ本の最後のほうに広告をのせていたりと、女性ならまず見ないようなところにしか広告がありません。

するとどうなるかといえば……一般女性がそのサイトを知るきっかけがまったくないのです。まさにゼロなのです。こんなことで一般女性と会えるわけがないんですよね。きちんと宣伝をしているハッピーメールやワクワクメールとは雲泥の差といいますか、比べるのも失礼な話です。

このように、無料の出会い系が出会えない理由はきちんと根拠としてありますし、逆になぜ有料なのかもちゃんとした法的な根拠があることがおわかりいただけたかと思います。それに、有料といえど初回登録であれば数千円相当の無料ポイントがもらえますし、1000円も支払えば20通分のメールが送れるわけですから、決して高いとは思えません。むしろ、昔の出会い系では送信に500円、メール開封に200円とかかかったそうですから、それを思えば格安といえますね。

みなさんも無料の出会い系だけは利用しないようにしましょう!時間の無駄ですし、個人情報漏洩のリスクもあります!必ずハッピーメールやワクワクメールなどの、きちんとした国家公認の出会い系サイトを利用してください。

かわいすぎる写真はまずサクラを疑いましょう!

サクラのお仕事とは多くのメールを受信することです。では、その多くのメールを受信するためにもっとも効果的かつ手っ取り早いことはなにか?といえば、かわいい女の子の写真をつかう、ということです。

男の悲しい性として、かわいい女の子の写真をみたら半信半疑とはいえ「でも、もし本当だったらどうしよう……?超もったいなくない?」という後ろ髪を引かれてしまうというものがあります。

理屈で言えば、99%が嘘なんですよ。そんなかわいい女の子なら出会いに困るわけがないんだから、そもそも出会い系にくるわけないだろいい加減にしろ!という理路整然とした正論だって、かわいい女の子の笑顔の前では吹き飛んでしまうものです。

「でも、1%はあるんでしょ……!その1%だったらどうするの!?」

という思いから、ついついメールをしてしまうわけなのですが、それがまさにサクラの思うツボというわけです。

しかし、そんなサクラの無慈悲なトラップをいとも簡単にかいくぐるテクニックがあるのをご存知でしたか?これを使えば、サクラであることがハッキリ見分けられるだけではなく、写メが本人のものかどうかということもわかるのです!

Googleの画像検索は神のサービス!

それは、Googleの画像検索サービスの一部である「画像を使用して検索する」システムを利用するというものです。画像検索というのは使っている人も多いかもしれませんが、キーワードに関連する画像だけを一覧で並べてくれる便利なシステムのことです。

画像を使用して検索する – ウェブ検索 ヘルプ

たとえば、「ネコ」と入力して画像検索をすれば、それはもう画面いっぱいにかわいいネコの写真が表示されてとても幸せな気持ちになれます。同じように「オマンコ」なんていれて画像検索をした日には画面いっぱいにオマンコが……表示されるのですが、正直いうとあまり気分のいいものではありません(笑)

この辺りは一般の人でもよく使っていると思いますが、画像検索にはもうひとつの機能があります。それは、特定の画像が載せられているウェブサイトを検索してくれる、というシステムです。

どういうことかというと、”すごくイイ形をしたおっぱいの画像”があったとしますよね。「これは素晴らしい!みんなにも見せてあげたい!」ということで、画像投稿掲示板にアップロードされたり、それが2ちゃんねるのまとめに載ったりして、どんどんと画像が拡散していくわけです。

最初は1枚しかなかったその”すごくイイ形をしたおっぱいの画像”も、転載に転載をかさねることで何十、何百というサイトに同じ画像が載っているということになるわけです。

つまり、簡単にネットでダウンロードできる画像であれば、検索結果に同じ画像がたくさんでてきますし、プライベートな自撮り写真ということであれば、広くネットに拡散することはまずありませんので、同じ画像は1枚もでてきません。

サクラの多くは女性のキャラクターをつくり上げる時、そのへんからひろってきたかわいい女の子の画像を勝手に利用しています。なので、サクラが使っている女の子の自撮り画像を画像検索すれば、ずらっとその女の子が載っているサイトやブログが出てくるため、一発で拾い物の画像であるということがわかるわけですね。

そうであれば、そのかわいい画像の女の子と、今やり取りをしている女性?は別人であるということが確定します。こうしてサクラかどうかということが見極められるというわけです。

たまーにですが、素人の一般女性でありながらかわいい女の子の写メを使っているという女の子もいます。キャッシュバックが目的ということもありますが、かわいい女の子の画像を使ってチヤホヤされたかった……という悲しみに包まれたブスである可能性も。どのみち、別人であることに変わりはありませんので、罵詈雑言をぶつけるなり無視リストにいれるなりお好きに処理しましょう。

 

 

そもそもサクラとはなにか?

辞書によれば、サクラとは以下の意味。

【サクラ】露店などで、客の買い気をそそるため、客のふりをして買い物する仲間。「ただで見る」の意から芝居の無料見物人の意となり、そこから生じたという。

出会い系サイトで言うところのサクラとは、要するに純粋な会員ではなく出会い系サイト運営会社が用意したアルバイトのこと。メールレディとかメルレ、チャットレディなんていう名前で呼ばれているようですね。

お金を払ってサクラ(メルレ・メールレディ)とメールして楽しいですか?

サクラは結局、詐欺のようなもの

男性は素人女性会員とメール交換をしたりお近づきになりたいから、お金を払って入会するわけなのに、メールしている相手は出会い系サイトの運営会社が用意したアルバイトで、下手すりゃ男性(ネカマ)。「サクラでもメルレでも何でもいいから、とにかく女性とメールしたいんだ!」と割り切って遊んでいる人や、女性のサクラと付き合っちゃってる人もいるみたいですが、これは稀です。

普通の女性とメール交換したい&出会いたいと思って出会いサイトに登録している人にとっては、サクラを使っているっていうこと自体、詐欺のようなものですよね。

メールレディで検索してみると

試しにメールレディで検索してみてください。

報酬額については、その出会いサイトや業者ごとに異なりますが、男性から受信したメールに対して返信すると、1通につきいくらかの報酬が発生する仕組みになっています。ですから、サクラ(メルレ・メールレディ)を使っているような出会いサイトに登録すれば、返信率は良いはずです。

そりゃそうですよね。とにかく来たメールに返信さえすれば、報酬が発生するわけですから。

仲良くなってリアルで会ってオイシイ思いしよう!などと妄想してみても、実現することはありません。サクラ(メルレ・メールレディ)は男性会員と個人的に会ったりすることは禁じられていますから、まず無理。前述のようにサクラと割り切ってメールを楽しむのならいいのですが、本当に出会いを探している人は、お金を費やしてサクラにお小遣いを稼がせてあげて、自分には何のメリットもないのです。

不正請求や高額請求に繋がることも

ポイント制と呼ばれる料金システムも、不当な請求を生み出したりと結構問題になっています。

サクラの巣窟となっている出会いサイトのほとんどは、この「ポイント制」と呼ばれる支払方法を導入しています。ポイント制のサイトは、掲示板を読む、書き込む、メールを送る、受信する…様々なアクションに対して課金される仕組みで、会員登録時に数千円単位でポイントを購入する前払い制、あるいは使った分だけを後で清算する後払い制のどちらかとなっています。前払い制ならポイントを使い切ってしまった時点で終了だけど、後払い清算の場合、気がつかないうちにどんどんポイントが消化されていきます。

酷いケースになると、利用者に通達がないまま利用料金(利用ポイント数)が値上げされていたりして、不当請求や高額請求につながっていることも少なくありません。

「有料サイト=サクラを使っている」は間違い

有料の出会い系サイトすべてがサクラを使っているわけではありません。結婚を前提とした恋人探しを目的とした真剣交際系出会いサイトなど、有料でも健全な運営をしているサイトはありますから、「有料サイト=サクラ(メルレ・メールレディ)を雇っている」と捉えるのは間違いです。

悪徳出会い系サイトの利用規約の落とし穴

出会いサイトに限らず、何かに登録する際には利用規約に同意する必要があります。

利用規約には当たり前のことしか書かれていませんから、ほとんどの人がナナメ読みかサラッと目を通すか通さないか程度で「同意」ボタンを押してしまうことでしょう。大概は、これで問題はありません。

悪質な出会い系サイトでは、利用規約に大きな落とし穴があったりします。これは、不当な請求に対して利用者の反論があった場合「利用規約に書いてありますよ?同意して登録されたんですよね」という逃げ場を作るためのものでもあります。悪質な出会いサイト業者の言い分や、システム上の問題はさておき、利用規約をしっかり読まなかった利用者に落ち度がまったくない!とは言い切れません。

以下、悪質な出会いサイトの利用規約に掲載されている代表的な手口を記載します。

登録時に200ポイント減算

「今なら無料ポイント進呈」と記載されているので入会してみると、登録と同時にポイントが減算され、結局は料金が発生するという規約。よくあるのが「100ポイント無料進呈→登録と同時に200ポイント減算→1セット300ポイントのセット制」。無料ポイント進呈どころか、登録と同時に300ポイント分の料金が発生するというわけです。

グループサイトに同時登録

利用規約に同意することで、その出会いサイトのグループ会社が運営するすべてのサイトの会員規約に同意&登録されてしまう悪質な規約です。利用者側はひとつの出会いサイトに登録したつもりでも、複数の有料出会いサイトから利用した覚えがない高額な請求が届くようになります。

仮登録が自動的に本登録へ

仮登録のまま6時間が経過すると登録が取り消しになるのではなく、自動的に本登録扱いとなってしまう悪質な利用規約です。

事務手数料が50,000円

期日までに入金が確認できない場合は50,000円の事務手数料を請求するという悪質な利用規約。そもそも、延滞料金の上限は、消費者契約法第9条第2号で年利14.6%と規定されていますので、例えば9,000円の利用料が発生していたなら1年間延滞したとしても1,314円の延滞料となり、利用料とあわせて10,314円となります。50,000円などという法外な事務手数料を支払う必要はありません。

無料出会い系の99%はサクラです

世の中の出会い系の99%はサクラを使った詐欺業者です。

目的は様々ですが、主な目的は顧客登録の際に記入するアドレスです ようするにアドレスをひたすら集めるための手段なのです。

アドレスを搾取した後はそれを別の業者に売って利益にするのです。 個人のアドレスは数千数万単位で集めることができれば業者に買い取ってもらえます。

業者はそのアドレスに一斉送信で広告を飛ばすわけです。 その一斉送信した広告の中から1割程度でも反応して広告効果が期待できれば充分黒字に持っていけるといわれています。

無料出会い系に登録すると永遠と女性からと思われるメールが届き続けると思います。アドレスはもう搾取されたのになぜ?と思うでしょう。

同じアドレスでも完全に放置されてるアドレスでは広告を飛ばす意味が無いのです。こまめにサクラメールを送り続けて反応があるか確かめているのです。

反応があるアドレスはつまり、生きているアドレスという事になります。搾取した数万にアドレスの中でも、この生きているアドレスが価値のあるアドレスという事になります。

完全に反応のないアドレスでもサクラメールを送り続ければいつかは反応するかもしれない。

そのために出会い系の詐欺業者は日々サクラメールを送り続けるのです。

サクラのシステムは、数撃ちゃ当たるそのもの

大変な作業と思われるかもしれないですが、数十万件のアドレスに一括送信しているために人員は驚くほどすくないです。

数十万件の顧客に対してサクラメールを送るスタッフは10人程度で十分です。

誰でもできるようなアルバイトとしてサクラスタッフを雇って運営しています。

無料出会い系に登録してもその時のアドレスを搾取されて悪用されるだけだし、素敵な出会いは99%あり得ません。

PCのアドレスならともかく携帯電話のアドレスだと、変更するのはいろいろと大変なのでとても困ると思います。

こういった出会い系詐欺業者からアドレスを買い付ける業者の中には架空請求を生業とする業者も多く存在します。

インターネットの知識が乏しい人にとっては思わず信じてしまうような内容で金銭の振り込みを請求してきますが、100%詐欺ですので相手にしてはいけません。

一度こういった詐欺業者に登録してしまうと、半永久的に不審なメールが届き続けますが、無視しつづければ何の害も無いことは覚えておきましょう

不正請求メールの対処法

不正請求メールが送られてきたらどうしますか?

例えば、こんな感じ。

調査管理番号:LM-41236
弊社は信用調査会社・コンテンツ業者からの依頼に基づいて各種の料金等支払遅延者リスト(ブラックリスト) を一括管理している(株)帝国データーリサーチと申します。
この度は貴殿が使用されたプロバイダー及び電話回線から接続された有料サイト利用料金について 運営業者より利用料金支払遅延に関して料金等支払遅延者リスト(ブラックリスト)掲載要請を受けました。
これまで貴殿のネットワーク利用料に付きましては、コンテンツ事業者様及び債権回収業者が再三の ご連絡を試みてまいりましたが、未だ入金の確認がとれず、また貴殿より誠意ある回答も遺憾ながら 本日に至るまで頂いておりません。
以上のような理由から個人信用情報調査会社を経由して弊社に貴殿の個人情報を料金等支払遅延者リスト (ブラックリスト)に掲載する要請が届きました。
貴殿の個人情報に関しましては既に調査対象メールアドレスから、プロバイダ・ISP業者・個人信用情報調査機関 からの情報開示を受け、既に貴殿の住所・氏名・勤務先等の情報は判明しております。
個人信用情報機関のブラックリストに掲載されますと、各種融資・クレジット契約・携帯電話の購入 および機種交換他・就職先制限等の様々な貴殿信用情報に今後大きな支障が発生する可能性があります。
合計支払金額:65,000円
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■未納料金和解金:50,000円
■情報抹消事務手数料:15,000円
=============================
■■合計金額:65,000円
———————
■送付方法:電信為替もしくは現金書留
受付は郵便局の電信為替もしくは現金書留のみです。
この件に関しましては、それ以外の方法での受付はしておりません。
必ず郵便局の窓口で電信為替もしくは現金書留を指定して下さい。
■送付先:
(株)帝国データーリサーチ
〒110-0015 東京都台東区東上野3-34-4-1F
■支払期限:
上記宛に平成15年11月21日(金)必着で送付して下さい。
入金確認後、料金支払遅延者リストから貴殿に関する全データ((株)帝国データーリサーチが 所有する債権譲渡証明書・内容証明書・貴殿個人信用情報等の書類およびデータの全て)は責任を 持って弊社が全て抹消いたます。
ご入金して頂けず、このまま放置されますと最終的に貴殿の個人情報を元に各地域の事務所から 数名の集金担当員が御自宅まで訪問をさせて頂きます。
またその際に掛かります集金費用・交通費等の雑費・別途回収手数料も合わせて集金させて頂きます。
また状況によっては東京地方裁判所を第一審専属的合意所轄裁判所として、強制執行による給料差押え等を 含めあらゆる手段で対応させて頂く事となります。
尚、これは最終的な勧告であり、また、弊社人員の対応による時間的損失等の理由からメール・電話・FAX でのお問い合わせは一切受け付けておりません。
また、メールアドレス相違、郵便事故、その他いかなる事由により今まで連絡が取れなくなっていたにせよ、 それは弊社に起因するものではなく貴殿の責任によるものです。
円満な解決を望むならば支払期限までに大至急入金をお願いします。 指定の期日までに入金が確認できない場合は事務処理を行う事ができませんので支払期日は必ず厳守願います。
※注意事項(1)
調査管理番号で全ての情報管理を行っております。
送金の際は氏名および調査管理番号の記載をお願い致します。
※注意事項(2)
本メールは送信専用アドレスより配信されています。このメールに返信されてもメールは届きません。
— 追記 —
(このお知らせは昨日までの時点でご入金の確認が取れない方にお送りしております。 もし行き違いに入金済みの場合はご容赦下さい。)

さて、こういうメールを送られたら、どうしますか?

最善の方法は何もしないことです。

最近の yahoo メールや gmail などは、スパムメールフィルタの性能が向上してきたので、こういうメールが届くことはほとんどありませんが、たまにフィルタをすり抜けて届いてしまうことがありますね。

実は、このメールには1通1通違うURLが割り振られていることがあります。

ということは、このメールに返信してしまったら、こちらの情報を相手に渡すことになってしまうのです。そしてメールアドレスがリストになって名簿業者に引き渡されます。

だから、たとえば、メールの中に「退会や配信停止はこちらをクリック」みたいに書いてあったとしてもぜったいにクリックしてはいけないのです。

さらに名前や電話番号を入力してしまったら……おそろしいことになりますね。

とにかく、何もアクションをしないというのが正解なわけです。

HTML メールに注意

もうひとつ重要なのはHTMLメールの扱いです。HTMLメールというのは、ウェブサイトのように画像などが表示されるメールですね。

普通のメールソフトでは、HTMLメールは、許可をしないと画像などが開かないようになっています。

しかし、実は、この許可をした時点で、そのことが送信者にわたってしまいます。つまり、こちらも名簿に追加されてしまうんですね。怪しいメールのHTMLはぜったいに開かないようにしてください。

サクラの見分け方リスト

みなさんは、サクラに騙されたことがありますか?

サクラというのは、を雇って、男性とメールのヤリトリをさせ、ポイントを消費させる出会い系サイト側のアルバイトのことです。

サクラは、いきなり「エッチしたいです」だの「会いたいです」だのといった魅力的なメールを送ってきます。いざ会おうとするとズルズルとメールを引き伸ばされて、どんどんポイントを消費してしまうという事態に陥ります。

基本的には、サクラのいないサイトを利用することをおすすめします。当サイトでオススメしているサイトにはサクラはぜったいにおりません。

が、いちおうサクラの見分け方もリスト化しておきます。

直アドをなかなか交換しない

直アドを交換してしまうとポイントを消費させることができません。ですから、サクラは直アド好感をいやがります。「直アドは会ってから教えます」なんてのは、ほんとうによくある手口です。かならず会う前に直アド好感するようにしてください。

地元ネタに弱い

地域別の出会いを利用しているなら、地元ネタを話すようにしてください。Google で調べられないような地元の情報がわからなければかなり怪しい。「引っ越したばかりなので……」なんていうのはサクラの常套句ですね。

過激な写メール

素人女性が、過激な写メールをバンバン送ったりすることはまずありません。仲良くなる前にそういう写真を送ってきたらサクラと判断してください。サクラは、写メールのデータベースを持っており、それらを駆使しています。

過激なエロメール

「すぐ会って生中出しでセックスしましょう」なんていうのはサクラです。そんなのに騙される人はいないと思うかもしれませんが、ほんとうにそういうメールを貰うと「ひょっとして……」と思ってしまうのが男のサガなのです……。

逆援助

「100万円差し上げますから会ってください」なんていうサクラもいます。いわずもがなですが、無視してください。

名前の呼び方がおかしい

自動で一斉送信プログラムを利用しているサクラがいます。その場合、たとえば「斉藤さん」というハンドルネームで出会い系サイトに登録していると「斉藤さんさん、こんにちは♪」なんていうメールがとどいたりします。100%サクラです。

こちらの間違えを繰り返す

「形態電話」っていう言葉を使って、向こうも「形態電話」という言葉を使ったら、これはコピペですから、サクラの可能性が高いですね。

出会い系サクラはどんどん逮捕され始めています。

chi-handcuffs-image-300x162出会い系サイトのサクラが逮捕されるニュースがだいぶ増えました。一昔前はサクラを逮捕して起訴するのは難しいと言われていたのに、世論が後押ししているのでしょうか。

もしも詐欺が立証されたら、利用料が戻ってくるかもしれませんね。一千万円以上使うユーザもいるらしいですから、返金訴訟をまとめて起こされたら大変なことになります。

もしも、みなさんもサクラ系の出会い系サイトを利用したことがあるのなら、そのサイトがどうなるのかに注目していたら、ひょっとしたら返金の可能性があるかもしれません。

ちなみに、出会い系サイトをやっていた会社は、その後、ペニオクへと移り、ペニオクが廃れだした最近では、占い系サイトで儲けているんだそうです。鑑定を一回見るだけで数千円の利用料がかかって、それを何度も見てしまうユーザがいるそうな。世の中にはいろいろな人がいますね。AKB48と出会い系サイトでメールできるということを信じてしまうユーザもいるんだから、いまさら驚きませんけど。

芸能人装いメール、現金詐取容疑で社長逮捕  TBS系(JNN)

出会い系サイトの運営会社が芸能人を装って全国37万人余りの会員とメールのやりとりをし、総額で116億円をだましとったとみられる事件で、逃走していた主犯格の社長が警視庁に逮捕されました。

(中略)

取り調べに対し、山崎容疑者は容疑を否認したうえで、「AKB48の前田敦子とやりとりしているのだと会員が勘違いしただけだ」などと供述しているということです。(26日13:22)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130726-00000029-jnn-soci

逮捕の多くは、上記のように芸能人であることを匂わしているものがおおいですね。こういう場合、アルバイトでも逮捕されて実刑になる可能性もあるようですね。

また、最近は、アンドロイドの不正アプリで逮捕し、その後、出会い系サイトの詐欺で再逮捕なんていう例もあるようです。いずれにしても、サクラ出会い系サイトへの締め付けがどんどん厳しくなっていますね。

大手出会い系サイトにサクラがいない理由

無料の出会い系サイトといえば、実際には出会えもしないのに無料を語って会員登録させて、最終的には架空請求をかけてきます。この手の詐欺が一時流 行りました。当局の取り締まりが厳しくなって今では少なくなったとはいっても、まだ姿かたちを変えて実在しています。

こんなつまらないものにひっかることはないと思いますが、大手サイトを利用したら安全です。そもそも利用者が多くて満足する人が多いから有料サイトとして長いあいだ存在しているわけですから。

ただ、大手でも業者・援デリはあります。でもこの見分け方は比較的簡単です。メールを送れば、すぐにエロい言葉が返ってきます。素人が見ず知らずの男から来たメールに、すぐ会いたいなんて言うはずがありません。それでも手っ取り早い相手を割り切って探している利用者もいるから、それはそれでいいのでしょう。

もうひとつよく言われるのが、さくらの存在です。これも無いとはいえませんが、ちょっと考えてみましょう。

無視はできないサクラという存在

大 手サイトの場合ポイント制をとっています。一回メールをおくると5ポイントです。金額に換算すると50円です。あくまでも仮の話ですが、さくらがこの 20%を報酬として受け取ったとしましょう。10円です。10回メールをやりとりして100円です。100回やりとりしても1000円です。こんなに手間 がかかって割に合わないことをするでしょうか。想像してみてください。同時に不特定多数の男性からきたメールに返事を送る。それも話のつじつまが合ってい なければなりません。膨大な量のメールを送り続けなければなりません。考えただけでもゾッとします。

それにハッピーメールのような超大手サイトの場合、もしも会社が組織的にサクラを雇っていたことがわかってしまったら、内部告発などがあり、サイトが存続できないはずです。だから、本当の大手サイトにはサクラはいないんですね。

出会い系サイトは、男性が女性を探す方法みたいに思われがちですが、女性も男性との出会いを求めています。

出会い系サイトは、男性が女性を探す方法みたいに思われがちですが、女性も男性との出会いを求めています。男性ほど表には出さないかもしれませんが、女性 だっていい男と出会いたい、素敵な体験をしたいと思っているのです。出会い系サイトで上手くいかない男性の特徴として、上から目線でカッコばかりつけて自 分の都合しか考えていない。あるいは、相手がどんなことを望んでいるのか、知ろうともしないからメールの文面も的外れなことを平気で送っている。こんなこ とが主にあげられます。これではいくらメールを送ってもムダです。

女性の言っていることをよく聞いて、必ず話の内容に適切に答えてあげることです。自分の話しなどしなくていいのです。とにかくやさしく、どんな話に対して も誠実に聞いている姿勢を伝えることです。女性はそんな相手を探しているのです。丁寧なやりとりの繰り返しの先に、直アドがあったり、直電があったりする わけです。

こうした流れがあった後、デートしたときには、初めて会った感じがしません。会話も自然に出来るものです。ここまで来たときにどうしたいのか決めます。プ ラトニックでいくのかそれとも男女の関係を楽しむのか。相手があることなのでもちろん相手の気持ちを尊重しますが、経験から言うとほとんど男女の関係にな りますね。ベッドでの相性も大切です。これがピッタリくる女性となら、官能的なプレイを楽しめます。回数を重ねるごとに深い快楽を感じるようになります。 やみつきになりますよ!

悪質出会い系サイトに注意【架空請求・不正請求】

まず大前提は、世の中にある出会い系サイトの99.9%はサクラばかりの絶対に出会えないサイトだということです。

つまり、実際には女性会員は存在せず、サクラと男性会員がヤリトリしている出会い系サイトがほとんどなのです。

たとえば、女性として入会しようとしても入会できない、あるいは女性として入会すると男性にメールを出せないなんていうサイトが本当に多い。

さらに、出会えないだけならまだまし。それらのサイトは非常に悪質なサイトなので、不正請求や架空請求をしてくる場合が多いんです。

架空請求っていうのは、利用していなかったり課金に同意していないのに、勝手に料金を請求してくるという犯罪です。架空請求をされたら絶対に支払ってはいけません。

また、利用に同意した場合も、実際の料金より多く請求してくる場合もあります。

何れにしてもすべて完全無視で問題ありません。

出会い系悪質サイトの見分け方

下記は、出会い系の悪質サイトの見分け方です。

  • 会社概要がない。
  • 女性が登録できない。
  • 利用規約がない。
  • 他サイトにも同時登録される。
  • 完全無料である。
  • 自動で後払い。
  • 画像がエロすぎる。
  • サイト名がどんどん変わる。
  • サクラがいる。
  • 不倫専門。
  • 外部サイトから勧誘する。
  • サイト開設日が新しすぎない。
  • 年齢認証がどこにも存在しない。

などなど……。

悪質サイトの架空請求・不正請求

架空請求・不正請求とは、出会い系サイトを利用した覚えがない、あるいは無料という触れ込みで利用しているのに、メールアドレス宛に請求書がいきなり送られてくるというものです。

悪質な出会い系サイトには架空請求・不正請求をしてくる例が非常に多いので注意が必要です。

当サイトでオススメしている出会い系サイトにはそういうことをするサイトは絶対にありませんのでご安心ください。

悪質サイトの架空請求・不正請求の対処法

見に覚えがなければ支払う必要はまったくありません。また、携帯電話の個体識別番号やIPアドレスやメールアドレスから、あなたの個人情報が流出する心配はありませんので、「自宅に請求書を送る」といった脅しを心配する必要はありません。

また、携帯電話に連絡が来る場合は、携帯電話の着信拒否設定を利用しましょう。

出会い系サイトの不正請求

実際に同意して利用している場合に、より多くの金額を請求してくる場合は不正請求です。また、延滞金として、法外な金額を請求してくる場合があります。しかし、延滞金は規約に説明がなければ、法定金利の5%~6%までしか請求出来ません。

契約時に規約に説明があったとしても、年利14.6%を越える請求に関しては消費者契約法により無効となりますので、支払う必要はありません。

債権取立ての手数料を請求される場合もありますが、債権取立てに対する手数料・調査料は債権者の負担となっております。

つまり、正当な料金以外はいっさい払う必要はありません。

悪質出会い系サイトの同時登録に注意

出会い系サイトには、完全無料サイトがあります。しかし、多くの場合、そういうサイトは悪徳出会い系サイトに同時登録されてしまいます。

つまり、無料サイトを利用して、悪徳出会い系サイトに強制入会させてしまうという詐欺なわけです。

無料サイトはハリボテで女性とのヤリトリなんてまったくできません。

そして、悪徳出会い系サイトはサクラばかりなんです。

さらに、サクラだけならいいんですが、不正請求・架空請求をしてくる悪徳サイトも非常に多い。

ほとんどの場合、完全無料サイトは、悪徳サイトに入会させるためのエサなので、入会しないように気をつけてください。

懸賞・占い・ギャンブル系サイト

同じような手口で、懸賞サイト・占いサイト・ギャンブル系サイトも、無料登録から悪徳サイトへの同時登録の例がたくさん報告されています。

たとえば、占いサイトで占いをするときにメールアドレスを収集しておいて、無理やり出会い系サイトに入会させるなんて言う事例があります。

そういう出会い系サイトはだいたい悪徳サイトなので気をつけてください。

占いをするのはいいけど、メールアドレスが必要な場合は、捨てアドを作成してからにしてください。

というか、そんなことをする占いサイトの占いが当たるわけはないんですけどね。

国民生活センターでは下記のような事例が寄せられています。こんなことになっちゃったら無視すればいいと思いますが、不安でしたら国民生活センターに相談してみてください。

 

パソコンで調べ物をしていたところ、占いサイトに入った。占いを見るために簡単な個人情報を入力・送信したところ、「パスワードを送るので、メルアドを送信して結果を見てほしい」という画面が現れた。携帯のメールアドレスを送信したら、パスワードが届き、パソコンに入力して占いの結果を確認した。しばらくして、携帯に出会い系のメールが多数届き始めた。登録した覚えはなく無視していたが、「メール交換してくれればお金をあげる」「自分は芸能人である」という言葉に引かれて、複数の男性とメール交換した。メール交換に必要なポイントはクレジットカードで購入した。しかし、相手のメールに不審な点が次々と出てきたので検索すると、当該サイトにはサクラが多数存在しているという書き込みがあった。そこで、出会い系サイト業者(以下、A社)に電話で苦情を言ったが、相手にされなかった。騙(だま)されてポイントを購入させられたので、代金(約28万円)は支払いたくない。

占いサイトから誘導されて契約した出会い系サイト(相談事例と解決結果)_国民生活センター 

もしも出会い系サイトに騙されたらその被害は損害賠償請求は可能か?

出会い系サイトにだまされたら、その被害金額は返金されるのかどうか? というのは、気になるところです。

今後は、まともな出会い系サイトだけを使えばいいんですが、もしも今までにサクラ満載の出会い系サイトに騙されて大きな被害を被った方なら、損害賠償請求をおこすという手があります。

そんな損害賠償請求の現状を伝えるニュースがありました。

出会い系の金銭被害は取り戻せるのか 739万円使って「出会えなかった」主婦のケース

第一回の口頭弁論が2013年1月16日に弘前支部で行われ、出廷した運営会社の前社長が被害金額を返金したい、と述べたとの報道があり、ネットでは「出会い系サイト被害者にとって朗報だ」などと話題になっている。

出会い系の金銭被害は取り戻せるのか 739万円使って「出会えなかった」主婦のケース : J-CASTニュース 

今まで、返金事例ってなかなかなかったので、行動に起こすのを躊躇していた被害者のみなさまに勇気を与えるニュースですね。

今はまだ、第一回口頭弁論だけですから、結論は出ていませんが、出会い系サイトの運営会社の社長は、「自分はこうしたことが行われたことは知らないが、女性がお金を実際に振り込んでいた記録が見つかった」として謝罪、「返金を前提に話し合いたい」と述べた。とのことです。

悪質サイト・不正請求をするサイトが一掃され出会いが簡単になっている今だからこそ出会い系サイトでやってはいけないこと

2009年の出会い系サイト規制法で利用者に年齢確認が義務付けられました。

性犯罪から児童をまもるためですね。

そしてなんとそのあと、出会いは簡単になっているのです。

なぜなら、このとき、悪質サイト・不正請求をするサイトが一掃されたからです。最近はかなりまともな出会い系サイトが多いようです。

また、それにともなって自サイトに誘導するような悪質業者もいなくなったようです。

つまり、全体的に、ネット出会い市場はどんどん安全・安心になっていっているんです。

そんなわけで、出会い系でどんどんセフレをゲットしている私です。今回はそんな出会い系で、やってはいけないことをまとめました。参考にしてください。

最初から下ネタ前回はやめましょう。

下ネタも仲良くなってからなら悪くないんですが、最初からガンガン話して嫌われてもいいことはありません。最初はいちおう隠しましょう。

あまりにすぐに会いたがるのはやめましょう。

時間をかけすぎるのも問題ですが、片っ端から会いましょうと言っている男性もいます。そんなの、会ってくれる女性はなかなかいませんよ。いちおうお互いの人となりを把握してから誘ってみましょう。

直アドでいきなりやりとりをしようとするのはやめましょう。

直アドでやりとりをするのがこわいから出会い系サイトを利用しているんです。女性に安心を提供することを大切にしましょう。